ブログ

ブログ詳細

『産後の骨盤調整』だけでは全然ダメ   東横線のカイロプラクティック@学芸大学


『産後の骨盤調整』だけでは全然ダメ

 

お晩です。
おおやまです。

 

本日はガーシュウィンを聴きながら、東横線のカイロプラクティック 手あてのおおやま@学芸大学よりお届け致します。

 

さて…

前回は、身体に

『出産、済んだよ!』って教えてあげる必要がある

と書きましたが、今回は

『帝王切開による出産に、なぜ産後の骨盤調整が必要なのか』

についてお話します。

 

女性の身体には、『出産完了』を脳に知らせる “スイッチ” がいくつかあります。

ひとつは、赤ちゃんが産道を通過して、お股の間に頭を出した瞬間です。

 

あの時に赤ちゃんの後頭部がママの骨盤の前側 (恥骨) をグイっと押し上げます。
そうすると『生まれたよ!』って信号が脳に届きます。

帝王切開の場合は、この刺激が起こらないので、身体が出産完了を認識しないことがあります。

 

前回も書きましたが、骨盤の歪みは帝王切開による出産でも起こっていて、産後も歪んだ状態がひどいと、その歪みで身体は『妊娠中??』と勘違いしてしまいます。

勘違いがひどい場合、

 

身体は栄養の取り込み、溜め込みを “赤ちゃんのために” 続けます。

もう誰も栄養を必要とする人はお腹の中にはいないのに、続けます。
そうすると、どうなるか想像できますよね?

太ります。
体重が増え続けます
((((;゚Д゚)))))))

 

さらに、身体の勘違いは、生理周期の回復の邪魔をします。

そうなるとホルモンバランスが崩れやすくなり、ひどい場合には精神が不安定になってしまいます。

ただでさえ、育児はいろいろな悩みや疲れ、ストレスが大きくなる人が多い時期ですから、中には精神のバランスを崩してしまう人もいます。

 

_317

そんなわけで、産後の骨盤調整は、ただ『骨盤調整できます』だけでは全然ダメで、

 

心のケアが少なからず必要になります。

 

今日はこのへんにします。

 

次回は骨盤の内側を鍛える必要性についてお話します。

 

 

ではまた。

整体 手あてのおおやま

目黒区学芸大学駅から徒歩3分
腰痛と自律神経専門の整体

住所 〒152-0003 東京都目黒区碑文谷6-7-12 ツヴァイトハイム203
電話 03-3712-1878
営業時間 9時~20時 最終受付時間19時まで
休診日 水曜日
  • facebook
  • twitter
  • mixi