ブログ

ブログ詳細

【カイロプラクティック 手あてのおおやま@学芸大学にできること】


こんばんは。

カイロプラクテッィク 手あてのおおやま@学芸大学、本日も目黒区鷹番からお届け致します。

 

 

さて…

 

昨日、姿勢とめまいのお話をしましたが、途中になってましたね。

『肋骨が前後につぶれると…』というところで終わってしまったので、今日はその続きです。

で、肋骨が前後につぶれると呼吸が浅く速くなります。

 

そうすると、脳は“緊張状態”と勘違いしてしまい、身体が緊張したままになっちゃいます。

 

緊張状態は噛みしめがつよくなり、頭蓋骨に悪い影響をおよぼして、その結果めまいが出やすくなります。

 

さらに、肋骨は前後にしっかり膨らんでいることで首、頭をまっすぐに支えてくれるので、つぶれて縮こまっている肋骨は首から上を支えることができませんから、首が前に傾きアゴが前に出るような姿勢になります。

 

他にも肋骨の縮こまりで起こる問題はいろいろありますが、それはまた別の機会に…

 

 

 

無題

 

 

 

 

それでですね、カイロプラクティック手あてのおおやま@学芸大学に出来ることは何かというと、

 

姿勢、悪いバランスの改善です。

 

姿勢の改善は、頭痛やめまいを改善させるのにとても重要な要素なのです。

 

もう一度書きます。

 

姿勢の改善は、頭痛やめまいを改善させるのにとても重要なのです。

 

 

腰痛だって、肩こりだって、背中の凝りだって、みんな立っているときの前後左右のバランスが悪いから起こるんです。

その延長線上に頭痛やめまい、自律神経の問題などがあります。

 

 

というわけで、手あてのおおやまでは、姿勢を改善して、頭痛、めまい、自律神経失調症などの改善のお手伝いをさせて頂いてます。

 

 

今日はこのへんで。

 

 

ではまた。

整体 手あてのおおやま

目黒区学芸大学駅から徒歩3分
腰痛と自律神経専門の整体

住所 〒152-0003 東京都目黒区碑文谷6-7-12 ツヴァイトハイム203
電話 03-3712-1878
営業時間 9時~20時 最終受付時間19時まで
休診日 水曜日
  • facebook
  • twitter
  • mixi